STAFF BLOG

☆365日誕生日占い8月30日☆

生まれのあなたの運勢

表現力の高いクリエーター向きな人

あなたの
誕生日カラー

藍

に生まれたあなたは、運気の流れに乗って助走できるでしょう。苦手分野の壁にぶつかって落ち込んでしまう時期もありますが、得意なことに力を入れていれば良いのです。平均点を目指す必要はありません。完璧に何もかもできる人はこの世界には存在していないのです。できないことがあるのは当然のこと。周囲の意見に合わせて自分を否定する必要もなければ、無理に自分の気持ちを押さえ込んでしまう義務もありません。自分の心や体と対話をして、休息や休暇をとることは効率を上げるための手段として有効です。

また、物質・環境・対人関係において忙しさが重なることも考えられます。“このタイミングで”と思ってしまっても時間を止めることはできません。人生の役回りとしてさまざまな依頼が重複することで心は混乱してしまいますが、試練や障害とはならないので安心して下さい。それは人生の目的を遂げるために必要とされるもので、乗り越えることでつぎのステージへ進むための基盤となるでしょう。

仕事に関して後ろ向きに考えてしまい、“生活のためにやらされている”と思い込んでしまうときがあるかもしれません。言葉にすることのできない不満や後悔を抱えてしまうので、その気持ちが発熱や腹痛という形で現れてしまいます。あなたは強く意識しているつもりはなくても心は拒否しているのです。気持ちの持ちようとして自分を立て直そうとしても、心も体も鉛のような感覚を感じます。人生の岐路に立つと心の問題に直面することが多いので、暗い気持ちを払拭できないのなら持っている権利を手放して白紙に戻す方が得策でしょう。

生まれの人の特徴

長所

  • 大胆不敵
  • 素直な心を持つ
  • 言葉遣いが巧み
短所

  • 努力が嫌い
  • 注意力不足
  • 物をよく失くす

生まれの女性の運気や運勢

8月30日生まれの女性の運勢グラフ

生まれの女性の運気や運勢は、苦労と悩みの多いものです。まだ見えない未来の予定や、心に引っかかる不安について曖昧な感情を持ってしまいます。ただそれは一過性であることが多く、長年に渡って引きずるようなものではありません。気をつけて欲しいのは50代~60代の間。女性ホルモンが急激に減少する頃です。誰かの言葉が心に突き刺さってしまうため、内側に閉じ込もってしまう可能性もあるでしょう。束縛されることのない自由な時間を手に入れることができるのは60代以降となります。それまでは家族の誰かのために時間を費やすことや、周囲の声を反映させるために尽力する時間と考えて下さい。海外移住や起業活動など、第二の人生において青春を謳歌するような気配があります。

恋愛は40代~50代で強い愛に恵まれます。女性の場合は年齢に比例して結婚相手の条件から外される傾向にありますが、どちらかと言えばあなたは晩婚となる方が理想に近い男性と出会えるでしょう。既に結婚している場合は、40代くらいまではお互いが自分のことで精一杯な状態となり、相手に対しての思いやりを忘れてしまいがちです。そのせいで衝突することになるのですが、40代に入ると平和で落ち着いた生活を営むことできます。若い頃の恋愛では、どうしても都合の良いように捉えてしまいます。そのため“好きになった人=相性の良い男性”として受け入れることで、付き合い始めてから考えていた男性像との違いを実感せざるを得ません。何度も失敗を積み重ねているうちに、自分の求めている恋がどこにあるのかを知ることになるでしょう。

経済的には40代~50代で忍耐を強いられますが、生活に困窮するような環境には落ちません。

生まれの男性の運気や運勢

8月30日生まれの男性の運勢グラフ

A 選択 59歳ごろ、人生を左右するなんらかの選択を迫られるでしょう。

生まれの男性の運気や運勢は、道を踏み外してしまうような落ち込みは見られません。20代後半~30代前半に自分自身を見つめて気持ちの下がる時期はありますが、仕事を順調に進めることで沈んでいた状態から脱出することができるでしょう。楽しさを感じられない。何を求められているのか想像つかない。自分自身への問いかけから悩みは始まるのですが、40代を過ぎると嘘のように足どりの軽さを感じられます。

恋愛は30代以降で明るくありません。好きになった女性が既婚者である場合や、条件が合わなくて紹介話が流れてしまう可能性も高いのです。せっかく出会いがあったとしても、深く知り合えないまま離れることも考えられます。なぜかいつもタイミングが悪くて連絡がとれないことや、女性の本心を読み間違えてしまうのです。ただ、40代まではご縁に繋げられるような出会いもあるので、小さなきっかけも大切にして下さい。

経済的な悪影響はあまり受けないのですが、50代後半に職場の方針で進退や配置替えなどに関わることが告げられるでしょう。それに伴って経済的に困難な状態に陥る可能性や節約を余儀なくされるかもしれません。お金を貯めるのは一生ですが、使うのは一瞬です。余裕のある時期は、欲に駆られて増やしたい気持ちになってしまいます。恋愛の経費として使ってしまうこともあるので、金銭管理には注意が必要です。大きな出費で痛い目に合うことはなくても、生活費としての支出は毎年増えていくでしょう。特に30代後半~40代前半の気持ちが緩んでいるときは無駄遣いに走ってしまうかもしれません。収入と支出のバランスは均等なのですが、気持ちが大きくなってしまうのです。

TOP