STAFF BLOG

☆365日誕生日占い9月20日☆

生まれのあなたの運勢

聡明で知的な魅力にあふれた優しい人

あなたの
誕生日カラー

藍

に生まれたあなたは、「一を聞いて十を知る」ということわざを、そのまま体現しているかのように、極めて聡明で、優れた理解力の持ち主のようです。女性も男性も、穏やかで優しい語り口の人が多く、美しい声にも恵まれているので、一緒に話をしている相手を、心地よく安らいだ気持ちにさせることができます。繊細で感受性も鋭く、優れた美意識を有していて、美しい言葉を紡ぎ出すことを非常に得意とし、そういった点では、生まれながらの詩人といえるでしょう。気配り上手で、非常に細かなところまで気が行き届きますが、その分、些細なことに対して、こだわりを持ちやすい傾向が否めません。

思いやりにあふれ、相手の気持ちを理解する能力に長けている分、人から頼まれると、むげに断れずに、ついつい要らぬ苦労を背負い込んでしまうことになったり、人に対して強く出ることができない、という難点があります。しかし、そういった難点は、確かに当の本人には、不都合な状況を招きやすいですが、人望を集めるという点においては、大きな役割を果たすことになっているようです。

恋愛に関しては、時に、その優れた美意識が災いしやすく、相手の本質を見抜けずに、見た目の美しさばかりに心を奪われ、恋愛相手を選びがちになります。そのせいで、自分に最もふさわしい相手を見過ごしてしまう場合もけして少なくありません。当然のことながら、自分自身の外見に対しても強いこだわりを持ち、特に女性は、見た目の美と若さを保つことに執着しやすく、ともすれば、自身の内面に目が向かずに、外見と内面のバランスをとりにくくなる心配も出てきます。男性も女性も、女性的な面が強く出やすく、どちらかといえば、自己主張が苦手ですが、調整役やサポーターとしての役を引き受けると、優れた才覚を発揮できます。

生まれの人の特徴

長所

  • 人付き合いが得意
  • 美的センスに恵まれている
  • 飲み込みが早い

短所

  • 多感で傷つきやすい
  • 権力に追従しやすい
  • 優柔不断

生まれの女性の運気や運勢

9月20日生まれの女性の運勢グラフ

生まれの女性の運気や運勢は、可もなく不可もないといった平凡な状況で、人生のスタートを切り、成長するに従ってその運気は、次第に勢いを増し、10代に入る頃には、運勢のピークといえる状況を迎えることになるでしょう。その勢いのまま、それ以降、約20年に渡り、おおむね好調な状態を維持するという、ほぼ、グラフに示す通りの運勢傾向を、実際にも経験しやすくなるようです。通常の場合、グラフは、あくまでも目安であり、実際は、グラフ通りには行かない場合が多いのですが、この誕生日の女性に限っては、グラフに示された運気や運勢に忠実に従うかのような人生を、実際に歩むケースが比較的多く、この誕生日の女性の運気や運勢についての、特筆すべき点といえるでしょう。そうなるのは、運命に抗う力が弱く、受け身で流されやすいという本人の性格的な傾向が大いに関係しているようです。意識して性格の改善に努めれば、あらかじめ敷かれたレールをそのまま歩くような、運命に翻弄されやすい傾向を、ある程度緩和することが可能です。

いわゆる恋愛適齢期、結婚適齢期と呼べる、恋愛や結婚に対する関心度が最も高まる20代の前半に、恋愛運のピークを迎えることができます。そのような運勢傾向は、大変に恵まれていて、幸福であるといえるでしょう。

20代に入ってまだ間もない頃に恋に落ちた男性とは、結婚の縁が生じやすく、後先考えずに、勢いで結婚まで突っ走ってしまう兆し、が色濃く示されています。ただ、実際にそうなった場合は、途中で息切れが生じ、その相手と添い遂げられない可能性が否めません。また、その時期には、結婚には結びつかない恋愛も経験しやすいでしょう。

よくもわるくも20代の最初に経験した恋愛によって、その後の恋愛模様が大きく様変わることだけはまず間違いないといえる状況です。20代の最初の恋愛で、結婚が叶わなかった場合、その後は、いわゆる「恋多き女」として、恋愛遍歴を重ねることになりやすいでしょう。

生まれの男性の運気や運勢

9月20日生まれの男性の運勢グラフ

A 邂逅 11歳ごろ、人生に大きくかかわる重要な出会いがあるでしょう。

生まれの男性の運気や運勢は、幼少期から、音楽、美術、言語などの分野の才能の片鱗を見せ始め、10代に入る頃には、すでにその才能を大きく開花させ、その後は、自然にその才能を生かせる道を歩むことになりやすい、という運勢傾向が色濃く示されています。

小学時代、中学時代、高校時代と、学業も優秀、スポーツも得意という、文武両道の優等生的な立場を確保しやすいでしょう。その期間にいくつかの恋愛を経験することになるようですが、その期間の恋愛の運気は低迷し、片思いや、報われない恋愛に終わる場合が多くなるようです。しかし、恋愛運に恵まれない状況は、本人の才能にとってはむしろ幸いする場合が多く、辛い経験を通して、自身の美的感覚や言語感覚が磨かれることになるでしょう。

恋愛の運気が低迷する状況は、20代から30代後半まで続き、その期間も、何度か恋愛で、ままならない状況や傷つく状況を経験しやすいですが、それらの経験はすべて、自身の才能にとってはプラスに働きやすく、何らかの形で仕事に生かせ、業績アップに繋げることが望めます。

晩婚傾向が強く、40代以降にいくつか良縁に恵まれますが、結婚後、しばらくは仕事運が落ち込み、仕事に身が入らず、本人の満足のいく結果を残せない状況が続く可能性が考えられます。幸せな結婚生活により、精神的にも物質的にも満たされた状況は、才能の核ともいえる本人の鋭敏な感覚を鈍らせ、自身の才能にとってはマイナスに働き、仕事にも支障が生じてしまうという、皮肉な結果を招くことになりやすいのです。

定年と呼ばれる時期に入った頃に、浮気、愛人問題など、愛情のもつれにより、運気が低迷し、その状態のまま晩年を過ごす心配があるので、十分に注意が必要です。

TOP